味の特徴
カシスに似た香り。仄かな甘味と赤ワインの様な風味。スムーズなボディ。
深い霧に覆われるアンデス山麗の谷に広がる森の様な農園。サスティナブル&有機栽培。
アメリカ大陸で6番目の面積を持つボリビア。国土の6割はアマゾンの及ぶ熱帯雨林地帯ですが、残りはアンデス山脈が南北に連なる高地で、標高3,000m以上の高地で、ユンガス地方はこの高地と熱帯地域の中間に位置し、豊富な雨量と霧と湿度で知られる雲霧林が広がり、激しく浸食された切り立つ渓谷と、そこに生い茂る樹木が特徴です。特に保養地コロイコとラパスを結ぶ道は、断崖絶壁に沿って続くほぼ1車線の道路で毎年多くの死者を出し「死の道路」として有名でした。この様な外界と閉ざされた環境ですが、恵まれた自然環境によりコーヒー栽培も盛んに行われかつてはカップオブエクセレンスも開催されていました。ただ国は南米でも最貧国の一つで、多くの農民は自給自足に近い生活をしており、栽培が容易で換金性の高いコカの生産に変えていく傾向にあり、近年ではコーヒーの生産は減少を続けています。ユンガス グリーンバレーのコーヒーは38の生産者からなるバイオアラビカ農協で作られており、JAS認証やFLO認証こそ取得していませんが(認証を取得する資金が無い為)、そのほとんどが家族単位の小規模な生産者で、自然環境に合わせた栽培を行っており、有機栽培でありフェアトレード商品と言えます。 

産地
ラパス市ユンガス地区
品質
Specialty Coffee
焙煎度
⑦City Roast
酸味
●●
苦味
●●
品種
Caturra Catuai
農園
小規模生産者
精製
ウォッシュド
標高
1,700m~1,800m
備考
サスティナブル 有機栽培
価格100g単価
100g850円(850円)
200g1,610円(805円)
300g2,290円(764円)
400g2,890円(723円)
500g3,610円
グラム数/袋 焙煎度合い 粉の粗さ単 価個 数小 計
- -
- -
- -
小分け用コーヒー豆袋(小)10 0
小分け用コーヒー豆袋(大)10 0
    合計:

    カートを見る

    ユンガス・グリーンバレー/ボリビア お客様の声
    あなたのご感想をお聞かせ下さい
    ご感想をお寄せ頂く銘柄必須
    掲載可能なお名前必須、ニックネーム可
    メールアドレス必須、ご連絡可能なアドレス
    会員ID未入力の場合はポイントは付きません