味の特徴
ほのかな甘味。フルーティ。スッキリした風味。カカオの後味。
日本との関りが深く多くの日系人がコーヒーの栽培に携わっているセラード地区のピーベリー。
セラードとは未開の地、不毛の地という意味。ブラジルの内陸中央部、かつては痩せた土地として見向きもられなかった日本の約5倍の広さの土地です。1970年代から日本とブラジルが共同で開発し、多くの日系人が入植しました。酸性の赤い土を作物の育つ土壌へ改良し、僅か25年で世界を代表する穀倉地帯に変え「奇跡のセラード」と呼ばれています。熱帯に属しブラジルの他のエリアで発生する霜害が無く、平均標高1,000m、乾期と雨期のはっきりした気候、土地が平坦で機械化し易いなど、セラードはコーヒー栽培に非常に適しており、土地の改良と共に生産量が徐々に増加し、現在はブラジルのコーヒー生産量の約15%を占めるようになりました。ピーベリーとは本来一つの実に二つの種(コーヒー豆)が出来るところを、何かの理由で一つしか実らなかったコーヒー豆です。生産量の約5%程度と希少な豆で、一つになっている分、より多くの栄養分を吸収していて、風味が豊かになると言われています。

産地
ブラジル セラード地区
品質
Premium Coffee
焙煎度
⑧Full City Roast
酸味
苦味
●●●
品種
Catuai / Mundo Novo
農園
Salitre
精製
Pulped natural
標高
1,000m
価格100g単価
100g890円(890円)
200g1,690円(845円)
300g2,400円(800円)
400g3,020円(755円)
500g3,780円

グラム数/袋 焙煎度合い 粉の粗さ単 価個 数小 計
- -
- -
- -
小分け用コーヒー豆袋(小)10 0
小分け用コーヒー豆袋(大)10 0
    合計:

    カートを見る

    サントス セラード ピーベリー / ブラジル お客様の声
    あなたのご感想をお聞かせ下さい
    ご感想をお寄せ頂く銘柄必須
    掲載可能なお名前必須、ニックネーム可
    メールアドレス必須、ご連絡可能なアドレス
    会員ID未入力の場合はポイントは付きません