ご利用規約

第1条(総則)

やなか珈琲オフィシャルサイト(以下「当サイト」といいます)は、株式会社やなか珈琲(以下「当社」といいます)が運営しています。このやなか珈琲オフィシャルサイトご利用規約(以下「当規約」といいます)をご覧いただき、同意された方のみ当サイトをご利用いただくことができます。本規約の内容は、当社及び利用者との間で適用されます。当社は、予告なく当規約の内容を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

第2条(利用方法)

1 当サイト利用者は、所定の手続きにより、オンラインショップユーザー(通信販売をネットでご利用になるお客様)として登録することができます。

2 ご登録いただいたオンラインユーザーは、当サイトが提供する通販サイトその他のサービスを利用することができます。ただし、所定の手続きにより、会員はいつでも退会することができます。

第3条(知的財産権)

当サイトに掲載されている情報の著作権その他の権利は、すべて当社に帰属します。私的使用など法律で定められている範囲を超えて、これらを無断で使用することはできません。

第4条(利用者の遵守事項)

1 利用者は、当サービスを利用する上で、以下の各号に定める事項を行ってはならず、当社から是正の要請があった場合、すみやかに応じなければなりません。
(1) 暴力、虐待、差別等、第三者に不快な思いを与える行為を推奨すること。
(2) 公序良俗に反する、または法令に違反すること。
(3) 犯罪行為に結びつく行為を行うこと。
(4) 他人の財産、プライバシーを侵害すること。
(5) 他人の著作権を侵害すること。
(6) 他人に不利益を与えること。
(7) 本規約の各条項に違反すること。
(8) その他、当社が当サービスの運営上、不適当と判断すること。
(9) 当サイト商品の第三者への転売行為(同条第3項)

2 利用者が前項各号に定める行為を行うことにより、第三者に損害を与えたときは、当社は利用者と第三者との間の紛争には一切関与せず、かつ、当社は責任を負いません。

3 「転売」とは、当サイトより購入した商品について第三者に購入金額を上回る価格で譲渡する一切の行為をいい(第三者より当サイト商品の注文を受け付けた上で当サイト商品を購入・商品発送先を当該第三者宛とする等の行為を含む。)、当サイト商品は「転売禁止商品」であり、利用者による当サイト商品の購入は、転売禁止条件付き売買契約として、利用者による当サイト商品の「転売」及びオークションサイト、フリーマーケット、セカンダリーマーケットその他各種プラットフォームへの「出品」が禁止されるものとし、利用者による「転売」又は「出品」行為が発覚した場合、当社は当該利用者に対し、「転売」及び「出品」行為の停止を求めることができるものとします。

第5条(代金の支払い・キャンセル・返金について)

当サービスご利用の際の代金の支払い、キャンセル、返金については、当サイトに定める方法にて行われるものとします。

第6条(当サービスの停止・変更等)

1 当社は、いつでも当サービスの内容を停止、変更、修正、追加、削除することができるものとします。

2 当サービスの停止その内容の利用者への通知は、その都度サイト掲載にて行うものとします。

第7条(当サービスのメンテナンス)

当サービスのメンテナンスは、定期、不定期を問わず実施されます。その間のサービス停止等があった場合について、利用者はこれに対して異議や要求を述べることはできません。

第8条(届出義務)

1 利用者は、名称、メールアドレス等の申込み内容に変更があった場合は、速やかに当社に届出なければなりません。

2 利用者がこれらの届出を怠ったために、当社の通知または送付されたメール又は書類等が延着し、若しくは、到達しなかった場合、通常到達すべき時に到達したものと見なされることになります。この場合において利用者に生じた不利益は利用者が負うものとします。

第9条(秘密保持)

当社と利用者は、本規約を通じて知り得る相手方の個人情報その他の秘密情報について、相手方の事前の承認なしには一切外部に公表することはできません。但し、既に公になっているものについてはこの限りではありません。

第10条(保証の制限)

当社は、以下の各号に定める事項について、何ら保証するものではありません。
(1) 当サービスが停止することなく、問題なく運営されること。
(2) 当サービスに欠陥が生じた場合に、常時かつ速やかに修復されること。
(3) 当サービス内にセキュリティが充分に提供されていること。

第11条(責任の限定)

1 当社は、本規約に関する債務不履行あるいは不法行為その他請求の根拠のいかんに関わらず、当社の軽過失により生じた利用者の直接損害については責任を負いません。ただし、当社の故意または重過失により生じた利用者の損害については、当社は購入金額を上限として責任を負うものとします。

2 前項に定める他、当社は本規約違反により生じる、あらゆる種類の付随的損害、間接損害、派生的損害、および特別損害について、何ら責任を負うものではありません。

第12条(本規約の改訂)

1 本規約は、当社の判断により利用者の承諾なく内容の一部または全部について、随時変更、改訂を行うことができるものとし、利用者はこれを承諾するものとします。

2 本規約の改定後も、本規約は当社と利用者との間で適用されます。

第13条(準拠法、合意管轄)

本規約に関する問題は、日本法を準拠法とし、本規約に関する訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とされます。

令和3年4月1日